ページ上へ

神奈川 人気蕎麦

ヘッダーメインイメージ

うす

ざる蕎麦

数あるお店の中から選ばれました。

下矢印

NO.2蕎麦

NO.2メダル

九つ井(ここのついど)

NO.1蕎麦

NO.1メダル

手打ち蕎麦切り 海望(うみ)

NO.3蕎麦

NO.3メダル

良庵

  • 1    手打ち蕎麦切り 海望(うみ)

    石臼挽きの香り高い蕎麦粉を使用した本格的手打ち蕎麦切り

    蕎麦

    蕎麦

    6pt

    3 2 1

    料金:せいろ \950
    田舎 \950
    野菜天せいろ(田舎) \1,650
    江戸前天せいろ \2,600
    つけとろせいろ \1,550
    自家製そば茶ぷりん \350
    営業時間:11:30~14:00(L.O.13:45)
    17:30~21:00(L.O.20:30)
    定休日:月曜日(祝日の場合は、翌火曜日)

  • 2    九つ井(ここのついど)

    古民家風の広いお店、離れ個室でゆったり楽しめます

    蕎麦

    蕎麦

    3pt

    2 1 0

    料金:ざるそば \800
    鴨せいろそば \1,800
    天ざるそば、かき揚げ \1,900
    鬼おろし蕎麦 \1,100
    山菜そば \1,700
    牛そば \1,900
    鴨南そば \1,900
    営業時間:【平日】11:30~23:00(L.O.21:00)
    【日・祝】11:30~22:00(L.O.21:00)
    定休日:月曜日(祝日の場合は営業)

  • 3    良庵

    北海道産のこだわりそば粉を使用した本格手打そば

    蕎麦

    蕎麦

    1pt

    1 0 0

    料金:せいろ 田舎580円 更科680円 二色900円
    鴨せいろ 田舎900円 更科1,000円 二色1,200円
    かき揚げ 田舎950円 更科1,050円 二色1,250円
    天せいろ 田舎1,400円 更科1,500円 二色1,700円
    かけ 田舎580円 更科680円
    きつね 田舎680円 更科780円
    鴨南ばん 田舎850円 更科950円
    海老天 田舎1,300円 更科1,400円
    営業時間:11:00~14:00/17:00~20:00
    ※なくなり次第終了
    定休日:日曜日

  • 4    竹やぶ

    全て石臼挽きのそば粉を使うこだわりの蕎麦屋

    蕎麦

    蕎麦

    0pt

    0 0 0

    料金:せいろ蕎麦1000円
    田舎蕎麦1000円
    とろろ蕎麦1300円
    営業時間:11:00~18:00
    定休日:水曜日

  • 5    玄蕎麦 もち月

    住宅街の片隅にある、モダンで落ち着いた蕎麦屋

    蕎麦

    蕎麦

    0pt

    0 0 0

    料金:せいろ 600円、
    おろしせいろ770円
    穴子天せいろ1600円
    天せいろ 1,450円
    とまと蕎麦880円
    かけ蕎麦600円
    営業時間:11:30~15:00 17:30~20:00
    定休日:火曜日、第1・第3火曜日

  • 6    蕎麦会席 一(いち)

    隠れ家的な雰囲気を持った大人のお店

    蕎麦

    蕎麦

    0pt

    0 0 0

    料金:九一江戸切 \890
    御前四季切 \1050
    つけとろ \1,280
    三色蕎麦 \1,470
    天せいろ \1,995
    かけ蕎麦 \890
    げんこつ蕎麦 \1,280
    鴨南 \1,580
    にしん蕎麦 \1,580
    営業時間:11:30~14:30/17:30~20:00
    ※平日夜は要予約
    定休日:水曜日・木曜日・金曜日

  • 7    蕎房 猪口屋(きょうぼう ちょこや)

    コシがあり喉越しも良く爽やかな味わいです

    蕎麦

    蕎麦

    0pt

    0 0 0

    料金:ざる蕎麦 \850
    納豆蕎麦 \1,000
    トマト蕎麦 \1,200
    海老天ざる \1,800
    たぬき蕎麦 \1,000
    穴子天ざる \1,600
    営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)/18:00~21:30(L.O.21:00)
    定休日:水曜日・火曜日(第二・四火曜日の昼は営業)

  • 8    そば処 名古屋

    プリプリの特大海老の天ぷらが有名です

    蕎麦

    蕎麦

    0pt

    0 0 0

    料金:大名そば \1,390
    大ざる \980
    ざる \750
    将軍そば \1,630
    天ざる \1,790
    天ぷらそば \1,390
    本鴨南蛮 \1,590
    営業時間:11:00~15:30/17:30~21:00(L.O20:30)
    定休日:月曜日

  • 9    蕎麦ひら井

    石臼で自家製粉し、つなぎ一割の手打ちで仕上げた蕎麦は、細切りで白く清々しい透明感があります

    蕎麦

    蕎麦

    0pt

    0 0 0

    料金:もりそば \600
    おろしそば \600
    天もりそば \1,500
    つけとろろそば \850
    鴨じるそば \1,200
    かけそば \600
    天ぷらそば \1,500
    鴨南そば \1,200
    営業時間:
    11:30~15:00(L.O14:30)/17:30~22:00(L.O.21:00)
    ※売り切れ次第終了
    定休日:火曜日

  • 10    寿徳庵

    信頼できる農家から直に原料を取り寄せ、お店で打つ分だけ毎日自家製粉

    蕎麦

    蕎麦

    0pt

    0 0 0

    料金:もりせいろ \650
    とろろせいろ \900
    季節の香蕎麦せいろ \950
    鴨せいろ \1,100
    穴子天せいろ \1,350
    天せいろ \1,450
    かけ \650
    カレー南蛮 \800
    ちから \850
    天ぷら \1,000
    営業時間:11:00~20:00
    定休日:水曜日

  • 横浜グルメnavi
  • 横浜ナイトnavi
  • はたらかJOB
  • あるある仕事
  • 横浜歯科ナビ
  • 横浜ネイルnavi
  • 横浜マツゲnavi
  • 横浜エステnavi
  • 横浜リラクnavi
  • ホームページ作成

蕎麦

穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工した、日本の麺類の一種、およびそれを用いた料理です。
単に「蕎麦」と呼ぶ場合、通常は蕎麦切りを指し、中華そばなどと区別して日本蕎麦とも呼ばれています。
歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理です。
蕎麦の調味として作られるつゆは、地域によって色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれています。
蕎麦には皿やざる、蕎麦蒸籠などが用いられ、蕎麦つゆには蕎麦徳利と蕎麦猪口が用いられることが多いです。
また、汁を張った丼に蕎麦をいれて提供するものもあります。
蕎麦は専門店のみならず、外食チェーンなどのメニューにも載っており、小売店などでも麺が乾麺または茹で麺の状態で販売され、カップ麺としても販売されています。

蕎麦の歴史

日本のそばも、元をたどれば大陸伝来の食べ物です。
植物のソバの原産地は、DNA分析などから、中国雲南省からヒマラヤあたりにかけてという説が有力になっています。
日本でソバの栽培が始まった時期は、かなり古くまでさかのぼれます。
縄文時代にたどり着くとも言われています。
高知県内で9000年以上前の遺跡からソバの花粉が見つかり、当時からソバが栽培されていたと考えられているのです。
さいたま市岩槻区でも3000年前の遺跡からソバの種子が見つかっています。
縄文時代は、日照り続きで稲の収穫が見込めない中、普通より遅く実る晩禾とよばれる稲や小麦とともに、ソバの栽培が推奨されました。
蕎麦は、日照りや冷涼な気候にも強く、栽培する土地もさほど選ばないため、凶作の時も収穫が見込める救荒作物として位置づけられました。
縄文時代に栽培が始まったソバですが、主食になるのはずっと後のことでした。
最大の理由は、大量の製粉が難しかったことです。
縄文時代は摺り臼、弥生時代には搗き臼があったものの、こうした原始的な方法での製粉は多大な労力が必要なため、
大量生産することなく、粒のまま粥にしたり、蕎麦粉を蕎麦掻きや、蕎麦焼きなどにしました。
鎌倉時代になり、中国から挽き臼が伝来すると、挽き臼によって大量の製粉が可能になったため、そばや小麦などの粉食が急速に普及したようです。
蕎麦粉を麺の形態に加工する調理法は、16世紀末あるいは17世紀初頭に生まれたといわれています。 
蕎麦切りという形態が確立されて以降、江戸時代初期に寺院などで「寺方蕎麦」として蕎麦切りが作られ、茶席などで提供されました。
17世紀中期以降に、蕎麦は江戸を中心に急速に普及し、日常的な食物として定着していきました。